タイトル画像

御無沙汰しております

2018.06.12(21:23)

約1年間更新していませんでした。
申し訳ございません。

修行しておりました。
客観的に自分を見つめなおすために。

俺はサイコパスじゃない。

<今日の一冊>
サイコパス

↓ナイスな記事と思われた方は、ぜひランキングボタンのクリックお願いします。

↓ぜひ本を買って読んでください。ほんまにおススメです。


スポンサーサイト

なんでも トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

なんだかなあ

2017.06.14(21:01)

自己啓発本は読むのは好きです。タイトルに惹かれるとすぐ手を伸ばしてしまいます。
基本的に読んだあとはポジティブになれます。

でも中身が全く頭に入らない本もあります。
内容が難しいからです。

この最近読んだ本、きちんと理解できてません。
もう一度読み返すなりしないと、理解できないと個人ながら思いました。

印象に残ったフレーズとしては、
あなた自身が今あるべき象徴する、そういうシンボルマークを持って欲しい。


<今日の一冊>
本当はすごい私 一瞬で最強の脳をつくる10枚のカード

本当はすごい私 一瞬で最強の脳をつくる10枚のカード [ 苫米地英人 ]

価格:1,404円
(2017/6/14 20:57時点)
感想(7件)



↓ナイスな記事と思われた方は、ぜひランキングボタンのクリックお願いします。


本のこと トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

何か思いつきたい

2017.06.11(14:28)

何をやるにしても工夫してなんとか早く終わらしたい。って最近思います。
そんなときアイデアって大事ですよね。

でもアイデアを出そうって考えても、中々浮かばないですよね。
ほんな頭悪いわぁ、って自己嫌悪になるときがしょっちゅうあります。

この前アイデアのヒントっていう本を読みました。
なんかアイデアを生み出すテクニックでも教えてくれるんかなあと期待して。

中身はそういうテクニックに関するような内容はなかったですが、読んだ後はとても清々しい気分でした。
大人って、アイデアを考える時に不必要な制約を作ってるそうです。
子供の頃はまだ知識がないから、知識に縛られていなく、つまり前例を知らない。
子供は自由に何も恐れずに何かを生み出そうとしているということです。

印象に残ってる部分は
アイデアを得るために一番大切なことは、楽しむことである。

そういえば楽しんでいないなぁ。としみじみ感じさせられました。

<今日の一冊>
アイデアのヒント

アイデアのヒント 新装版 [ ジャック・フォスター ]

価格:1,512円
(2017/6/11 14:06時点)
感想(4件)



↓ナイスな記事と思われた方は、ぜひランキングボタンのクリックお願いします。

なんでも トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

クリエイティブ

2017.06.08(21:09)

僕の仕事は一応クリエイティブな仕事だと感じています。
メーカーで新製品を開発するために、日々実験をしています。
実験場での生活が多いので、泥仕事のように思うときもあります。
作業着なのでめっちゃ汚れても構いませんが。。

朝から晩まで、
試行錯誤して実験して、得られたデータを分析して判断する毎日です。
そして報告し、承認を得られればその技術を生かした製品設計するという流れです。

まあ仕事柄なのかなんなのか、技術に関わる専門書を読むのが好きです。
大学も工学部で、ものづくりに関わる知識を得るのは好きでした。
あとビジネス書を読むのが好きです。

本屋にいって気になったタイトルがあれば、すぐ手に取ってしまいます。
んでどんどん読んでない本が溜まっていきます。

ついこの間、ビジネス雑誌のプレジデントを定期購読していました。
期間は終わり、もう配達されなくなったのですが、これまでの分が大量に読めずに溜まっています。
んなわけで今になって読んでいこうとしています。

読んでいる中で、気になるフレーズがありました。それは、

クリエイティブな仕事には残業とかブラックという話はない。何時間かけてもやるしかない。
それができなければ企業はたとえ効率化しても突然死を迎える時代に入ったのだ。

本当にぞっとするフレーズです。

<今日の一冊>
プレジデント

PRESIDENT (プレジデント) 2017年 4/3号 [雑誌]【電子書籍】[ PRESIDENT編集部 ]

価格:650円
(2017/6/8 20:50時点)
感想(0件)


↓ナイスな記事と思われた方は、ぜひランキングボタンのクリックお願いします。

仕事のこと トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

いろんな本を読もう

2017.06.07(21:07)

読書したいけど、なかなかできない人もいるんじゃないでしょうか。
そんな人たち向けの本を紹介します。

この中では消極的読者と呼ばれています。
読書初心者に対して、読書に対する抵抗をなくすための方法論があります。
僕自身は読書することに対して何の抵抗もないけど、なるほどなあと納得させられました。

最後の方に、読書に知識を得ることを目的として、読書をしてはならないと書いてあります。
そういうことが読書に対する抵抗につながっていくのかなあと思いました。

本を読んでいく中で、感情的になってくるときがあります。
でも意識して排除していき、機械的に読んでいくことが初心者にとって良いそうです。


<今日の一冊>
世界一やさしい読書習慣定着メソッド

世界一やさしい読書習慣定着メソッド [ 印南敦史 ]

価格:1,512円
(2017/6/7 21:04時点)
感想(0件)



↓ナイスな記事と思われた方は、ぜひランキングボタンのクリックお願いします。

本のこと トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

周りにいませんか?こんな人。

2017.06.06(21:11)

この人近寄りにくいなあとか。めっちゃ浮いてるなあ。
異様なオーラを放っている人。一見普通に見えるけれども、ものすごい猟奇的で危険な人。
などなど。

カリスマオーラを放っている人。大勢の前でのスピーチやプレゼンで全く動じない人。
そのような人達は一般的な人と違ってものすごい能力を持っている可能性が高いみたいです。

サイコパスと呼ばれる人たちがいます。
これは遺伝の影響を無視できないことが研究でわかっており、。サイコパス度を測るチェックリストもあります。
犯罪を犯す人達の中でサイコパスというワードをよく聞いたりしますが、

サイコパスは悪い面ばかりでなく、勝ち組サイコパスと負け組サイコパスに分けられるみたいです。
実業家などにサイコパス思考の人が多いらしいです。

サイコパスについてはまだまだ分からない点が多く、
今後の研究成果の発展によってもっと知れることが期待されています。

僕は脳科学の研究にはとても興味があるので、この先どのように解明されるのか
とても興味深い内容です。

<今日の一冊>
サイコパス

サイコパス (文春新書) [ 中野信子 ]

価格:842円
(2017/6/6 21:11時点)
感想(4件)

↓ナイスな記事と思われた方は、ぜひランキングボタンのクリックお願いします。

本のこと トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

資産運用はほったらかしできる?

2017.06.05(21:44)

この本はインデックスファンド投資についての内容。最後らへんはマニアックすぎる?
のか全く理解できなかった内容であった。

証券口座を開設して、あとは本で紹介されていたおすすめの投資信託を購入。
インデックスファンドという投資信託で、株価が日経平均株価に連動した運用システムとなっているらしい。

パソコンの画面をずっと見つめて、タイミングを狙って株式の売買をしているイメージとは全く違う。
株価が上がった瞬間を狙った、いわゆる短期売買ではなく、インデックスファンドは長期的な運用となっている。

資産運用初心者にはもってこいの運用。
リスクも少ないけどリターンも少ない。でも堅実に運用していける。

ひとまずこの運用で頑張ってみようと思います。

<今日の一冊>
ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド

【新品】【本】ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド 山崎元/著 水瀬ケンイチ/著

価格:820円
(2017/6/5 21:44時点)
感想(0件)

↓ナイスな記事と思われた方は、ぜひランキングボタンのクリックお願いします。


お金のこと トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

資産運用やってみよう。

2017.06.04(13:28)

この最近、家計の赤字が続いています。残業が少なくなってその分給料が減りました。
いつものように書店で本を見ていると、ある本が目に入ってきました。
その本がきっかけで、株式投資の資産運用を始めてみました。

株なんて絶対損するイメージがあったので、気にさえしてなかったのですが、
意外にちゃんとやれば儲かるかも!という意識に変化しました。

この本では株式投資を始めたいけど、とっかかりが分からないという方。
そんな方でも、証券会社の登録から、株式を購入するまで画面で説明しているので非常に分かりやすいです。
この本を読めば誰でも簡単に始められると思います。

株式や投資信託などに興味を持っていて、はじめてみたい方にはめっちゃおすすめの書籍です。
ハイリスクハイリターンの運用ではく、ローリスクローリターンの運用を長期的に行うことが、
とても合理的な資産運用であることもすごく納得させられる内容でした。。

専門用語もほとんどなく、(あっても説明が易しい)
非常に読みやすい内容なので、ぜひ読んでみてください。

<今日の一冊>
難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!【電子書籍】[ 山崎元 ]

価格:1,432円
(2017/6/4 13:13時点)
感想(1件)

↓ナイスな記事と思われた方は、ぜひランキングボタンのクリックお願いします。


お金のこと トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

話のつまらない人

2017.05.31(21:38)

タイトル通り、話のつまらない人は僕自身です。
めっちゃ口下手だし、伝えるのがほんまに下手くそ。

小学生、中学生の頃は人前で話すことが好きだったのに、
今では人前にあまり出たくない性格になってしまいました。
そうなってしまった原因は人前で話しているときに恥ずかしい思いをした失敗があるからかもしれません。

テレビを見ていると、芸人ってすごいなあって思います。
話が分かりやすいし、かつオチがおもしろい。
あんな風に話せるようになれたらなあとずっと思っています。

この下に挙げた最近読んだ本はそんな僕自身にとって話し方を変える助言を与えてくれるきっかけとなりました。
シンプルな一冊でスラスラ読める。一日読むのにかからない。

やはり芸人の話し方などを例として紹介している。
印象に残っているのは宮川大輔の擬音を上手く使った例とか。安住アナの例もおもしろい。

話を面白く伝えるための結論としては、フリとオチを付ける。そして話し相手が共感できる身近な話にすること。
フリとオチを付けるというのは、~だというのに~だったんだ、というように意外性な部分やギャップなどを示すこと。

僕と同じ悩みを抱えてるあなた、一度読んでみてはいかがでしょうか?
話し方を変えるきっかけとなれば。

<今日の一冊>
なぜ、あなたの話はつまらないのか?

なぜ、あなたの話はつまらないのか? [ 美濃部達宏 ]

価格:1,404円
(2017/5/31 21:44時点)
感想(3件)

↓ナイスな記事と思われた方は、ぜひランキングボタンのクリックお願いします。




なんでも トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

サラリーマンでも稼げる副業を紹介します

2017.05.29(22:07)

サラリーマンは給料はほんま少ないです。ほんまやってられませんよ。
僕30代なんですけど、ぶっちゃけ先月の給料は手取りで20万ないですから!
やばくないですか、ほんまに。
副業のことめっちゃ考えてます。んで副業について色々調べています。
ネットで検索したらめっちゃひっかかりますよね。
何でもよかったんですけど、これ購読してみました。
是非チェックしてみて下さい。

リンク先⇒ココ

やっぱお金って大事ですよね。
これからもっと稼げるように頑張るぞ。

↓ナイスな記事と思われた方は、ぜひランキングボタンのクリックお願いします。

お金のこと トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

僕はこのままサラリーマンでいた方がいいのか?

2017.05.29(21:42)

サラリーマンが安定しているという時代はもう終わりを迎えています。

僕らは昭和的価値観を持った大人たちに教育されてきました。決まった人生のレールにのるように。
いい大学を出て、大企業に勤めれば幸せだって。

そのように教育されてきた僕が毎日おもしろくも感じていない仕事をやっています。
幸せではありません。でも仕事をやめる勇気もありません。
お金のためです。生活のためです。

今の若者たちには、昭和的価値観を持った大人たちに支配されず、
本当に自由に好きな事をやっていってほしいです。
それが本当の幸せではないでしょうか。

本の中で印象に残った部分:
与えられた仕事をこなすだけでは、けっして望むものは手に入らない。
企業のために、ではなく、あくまで自己キャリア形成のために業務が存在するべきなのだ。

これは僕に常々言い聞かせたいフレーズです。

<今日の一冊>
若者はなぜ3年で辞めるのか?年功序列が奪う日本の未来

【中古】 若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 / 城 繁幸 / 光文社 [新書]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:258円
(2017/5/29 21:45時点)
感想(0件)

↓ナイスな記事と思われた方は、ぜひランキングボタンのクリックお願いします。



なんでも トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

転職はした方がいいのか?しないほうがいいのか?

2017.05.21(23:26)

転職に関する本を読みました。本のタイトルからどんな内容なんやろ?と興味本位で。

自分の周りは転職していった人や,転職してきた人がたくさんいますけど,
僕は転職に関して考えたことはほとんどありません。

ちなみに僕が就職したときはものすごく氷河期だったので,就職活動中はとにかく内定をもらえただけで嬉しくて,
雇用してもらえただけでもありがたかったって感じです。

でも,今はそのときに比べ社会情勢が変わってきているし,仕事に対する考えも変わってきたから,
今考えるとこれから先転職という道もありかなと思ってます。
正直このままサラリーマン続けてていいのだろうか?って感じてます。

転職に対して持ってた偏見あったかもしれないですけど,ハードルは下がりました。
転職は今の所考えてはいませんが,転職に対する知識,人間関係の知識,
これら今後も勉強していかないといけないと感じました。


<今日の一冊>
会社は2年で辞めていい

会社は2年で辞めていい【電子書籍】[ 山崎元 ]

価格:800円
(2017/5/21 23:32時点)
感想(0件)

↓ナイスな記事と思われた方は、ぜひランキングボタンのクリックお願いします。

なんでも トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

お金に対する考え方 キャッシュフロー・クワドラント

2017.04.21(22:50)

前から気になってた本を読みました。これは続編にあたる本です。
ネットで検索するとネットワークビジネスのバイブルとなっているみたいです。
やっぱりみんなお金持ちになりたいんですね。

ロバート キヨサキの金持ち父さん 貧乏父さん。
ネットで検索すると,ネットワークビジネスの勧誘などよくない書き込みばっかで,
良いイメージはなかったのですが,実際読んでみると内容はめちゃくちゃ勉強になります。
一度は読んだ方が良い。

お金に対する考え方についてはとても勉強になります。
本の中に書いてあるように,自分は社会の構図に完全に当てはまってて,良い会社に入って安定した給料をもらうことが大事だという,そんな世間的にレールに完全に乗っかってしまったなあと。

金持ちになってやろうと思ってこの本を読む人たくさんいると思いますけど,
結局,楽してお金持ちになれると思ったら大間違いやと思いました。

本の中に書いてある中で自分が大事やなあと感じたこと。
①もっとも過酷な仕事,それは考えることであって,とことんやらないといけない。
②リーダーシップがあること。他人の力を最大限に引き出す能力を付けること。
③断られることに対する恐怖を克服しないと成功できない。
④相手を自分の考えにさせようとするばかりではなく,相手に対する自分の考え方を変えること。

この本の中で学ぶものは多いと思います。
成功したい人は自己啓発として読むべきであると思います。

<今日の一冊>
金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント 経済的自由があなたのものになる 改訂版

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント改訂版 経済的自由があなたのものになる [ ロバート・T.キヨサキ ]

価格:2,052円
(2017/5/21 23:34時点)
感想(2件)

↓ナイスな記事と思われた方は、ぜひランキングボタンのクリックお願いします。

お金のこと トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

読書家になろう

2017.03.17(22:37)

僕は音楽と本が好きです。人生において無くてはならないものです。
レコード屋さん本屋さんの雰囲気がめっちゃ好きなんです。一番落ち着くし、テンションが上がります。

ところで、今日はある一冊の本を読みました。
その本の中にも触れていましたが,この世には知らないことが膨大にありすぎる。
今後生きていく中で、自分が好きな音楽や本ともっとたくさん出会っていきたいんです。
出会うとともに、僕も自分が好きな音楽や本についても発信したいと思いました。

音楽や本について色々な方々と情報交換したいです。そのためにブログを開設しました。
このブログを色々な方に見て頂けたら嬉しいし、その中でおもしろい音楽や本について色々教えてほしいです。
みなさんと共有したいんです。

文章が下手くそなので、伝わらないことが多々あると思いますが、
どうぞこれからよろしくお願いいたします。

<今日の読んだ本>
遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣

遅読家のための読書術 情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣 [ 印南敦史 ]

価格:1,512円
(2017/5/21 23:36時点)
感想(0件)

↓ナイスな記事と思われた方は、ぜひランキングボタンのクリックお願いします。

なんでも トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

最近の記事

  1. 御無沙汰しております(06/12)
  2. なんだかなあ(06/14)
  3. 何か思いつきたい(06/11)
  4. クリエイティブ(06/08)
  5. いろんな本を読もう(06/07)
  6. 周りにいませんか?こんな人。(06/06)
  7. 資産運用はほったらかしできる?(06/05)
  8. 資産運用やってみよう。(06/04)
  9. 話のつまらない人(05/31)
  10. サラリーマンでも稼げる副業を紹介します(05/29)
  11. 僕はこのままサラリーマンでいた方がいいのか?(05/29)
  12. 転職はした方がいいのか?しないほうがいいのか?(05/21)
  13. お金に対する考え方 キャッシュフロー・クワドラント(04/21)
  14. 読書家になろう(03/17)